ニューヨークへの短期・長期留学に関するよくある質問

わからないことはアイリスに質問しよう!

 
ニューヨークへの短期・長期留学に関するよくある質問

ニューヨークへ留学って考えただけでもわからないことが沢山!本当に留学できるんだろうか?看板は全部英語だし、英語で聞かないといけないし、最初は不安!ニューヨークの地下鉄ってどうやって乗るの?そもそもニューヨークって治安は大丈夫?そんな、小さくても生活するにはとっても重要な質問をアイリスが全てお答えします。こちらのアイリスQ&Aに無い質問は、ページ一番下の簡単問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

  1. ニューヨークにはクレジットカードなどを持って行った方が良いですか?
  2. 留学を考えていますが、大金を持っていくのはちょっと怖くて。。。
  3. 現地の銀行で口座を開くことは出来ますか?
  4. ニューヨークの治安ってどうなんですか?地下鉄などは利用しない方が良いですか?
  5. 交通の便はどうなんでしょうか?車は必要ですか?
  6. 住居に関して質問です。ニューヨークに留学する場合、家はどのように探せば良いですか?また、滞在方法はどういったものがありますか?
  7. 病気になった場合はどうすれば良いですか?
  8. 携帯電話は現地で契約できますか?
  9. 渡米前に国際免許に書き換えておいたほうが良いですか?
  10. トラブルに遭ったときはどう対処すれば良いですか?
  11. 日本からの送金はどうやって出来ますか?
  12. 海外保険には入っておいたほうが良いですか?
  13. パソコンは日本から持って行ったほうが良いですか?インターネットは簡単に繋がりますか?
  14. 他にもご質問がある方はこちらから

1、ニューヨークにはクレジットカードなどを持って行った方が良いですか?

はい。長期留学でも短期留学でも万が一現金がなくなったり、無くしてしまった際に必要となりますので、あらかじめ日本で作ってから渡米される事をおすすめいたします。トラベラーズチェックを利用される留学生も稀にいますが、トラベラーズチェックは場所によっては利用できなかったり、IDの提出が必要だったり、何かと不便なので、クレジットカードは作っておくようにしましょう。またクレジットカードのサインは、万が一悪用されることを防ぐ為に漢字で書かれることをお勧めします。

 

2、留学を考えていますが、大金を持っていくのはちょっと怖くて。。。

渡米する際は、必要最低限の現金のみ持っていくようしましょう。留学時に便利なのが日本の銀行で発行している国際キャッシュカードです(大手銀行では発行できなくなってきています)。国際キャッシュカードは海外のATMや銀行で日本の口座から現金を引き落とせる、とても便利なカードです。弊社では留学する学生の皆様にはクレジットカードと国際キャッシュカードの両方を持っていくようにおすすめをしています。なお、国際キャッシュカードはご本人様が日本にいる間にしか作成できませんので、国外へ出る前に早めに準備して頂くことをお勧め致します。

 

3、現地の銀行で口座を開くことは出来ますか?

はい。ニューヨークの大手銀行では、たいていStudentBankAccoutという学生向けの銀行口座があります。必要書類は銀行によって違いますが、パスポート、学校から発行されたID、在学証明書などを持参すれば、窓口で作ってもらう事が出来ます。ただし、短期留学の場合は上記でご紹介したクレジットカードと国際キャッシュカードがあれば十分です。

アイリスでは現地生活サポートパックの銀行口座開設サポートにてお手伝いさせていただいております。

 

4、ニューヨークの治安ってどうなんですか?地下鉄などは利用しない方が良いですか?

ニューヨークも治安の問題に悩まされていた時代もありますが、ジュリアーニ元市長の抜本的な治安対策によって、現在では全米の大都市の中でも、最も安全な都市といわれるようになりました。しかしながら、通りによっては夜間に一人で出歩いたりなどはしない方が良いところもあります。女性の方などは特に心配だと思いますので、滞在先が決まりましたら、アイリスやホストファミリーに一度ご相談して頂く事をお勧めします。マンハッタンでも人気の高いスポット、タイムズスクエアは、深夜もたくさんの人で賑わい、以前は治安も悪かったイーストビレッジやウェストサイド等、現在は有名レストランがひしめき合う、旅行者も多い安全な街へ生まれ変わっています。 また地下鉄に関しても、以前とは比べものにならないくらい安全になっています。24時間運行していますが、遅い時間などは人も少なくなりますので、タクシーを利用する事をお勧めします。 尚、地下鉄やバスを利用する際は、車内アナウンスが無かったり、聞き取りづらかったりする場合があります。電車やバスを使うテクニックとして、乗車する際に運転手や他の乗客に行き先を伝えて、降りる駅や停留所がきたら教えてもらえるようにすると確実です。ニューヨーカーはみなさんが想像しているよりも、旅行者や外国人に優しい人が非常に多いので、わからない事があれば、周りの人に聞いてみるのが一番かもしれません。優しいニューヨーカーに会った時がニューヨークを好きになる瞬間だとも言われています。

アイリスでは現地生活サポートパックの現地オリエンテーションにてお手伝いさせていただいております。

 

5、交通の便はどうなんでしょうか?車は必要ですか?

ニューヨークの中でもマンハッタンやその周辺のエリアであれば、どこでも地下鉄が通っているので、車はまず必要ありません。数ブロックの移動であれば、歩いて移動することの方が多いでしょう。また、ニューヨークは交通機関の費用が非常に安く、MTA(地下鉄)の定期券を購入すれば、市内を走っているバスも乗り放題です。

 

6、住居に関して質問です。ニューヨークに留学する場合、家はどのように探せば良いですか?また、滞在方法はどういったものがありますか?

これは留学する期間やプランによって、かなり変わってきます。たとえば短期留学の場合は、一般的にドミトリー・学生寮・ホームステイ のようなところをおすすめしています。アメリカで一般的なルームシェアなどは長期契約が必要だったり、住人同士のトラブルなどに巻き込まれるケースもあるので、旅行者や留学生が多く泊まる、ドミトリー・学生寮・ホームステイの方が良いでしょう。 また長期で留学をされる場合は、まずは上記で紹介したドミトリー・学生寮・ホームステイなどに2ヶ月から3ヶ月程度滞在し、 少しアメリカの生活に慣れてから、ルームシェアを探したり、Studioと呼ばれる個室を探すのが一般的です。 アメリカの部屋と日本の部屋の形式とではかなり状況が異なるため、日本で1年契約をしてから渡米し、 実際のお部屋に住んだときに、思っていたところと全く違っていたり、契約内容でトラブルになるケースが多々あります。 そのため、ニューヨークの場合は現地に来てから自分の目や足を使って物件見学などをし、じっくり家を探す方が良いでしょう。その際は、日系のポータルサイトや不動産会社などを利用する方法もあります。

アイリスでは住居・ホームステイ手配のサービスにてお手伝いさせていただいております。

 

7、病気になった場合はどうすれば良いですか?

あらかじめ日本から常備薬を持参することをおすすめしますが、常備薬がない場合は、近くの薬局で市販の薬を買うか、病院で処方箋をもらいましょう。ホームステイをしている場合はホストファミリーに相談しましょう。 病院にかかった時のために、海外保険には加入しておくことをお勧めします。保険会社と提携している病院であれば、治療費は保険会社から直接病院へ支払われるので、本人が病院で治療費を支払う必要がなかったり、もしくは個人負担が安く済みます。 ニューヨークのような大都市であれば、日本語を話せる医師がいる病院もあります。しかし、必ずしも救急で診てもらえるという保障はないので、加入している保険会社の提携病院を事前に確認しておきましょう。

アイリスおすすめの海外保険
“/new-york-ryugaku-hoken/”

 

8、携帯電話は現地で契約できますか?

短期で留学される方、現地での購入が面倒という方は、日本で契約されている携帯電話の海外対応のプランをご利用されても良いと思います。しかし、その際は通話料・通信料の金額が非常に高くなるので、事前に日本の契約されている電話会社にご確認ください。 また、安く済ませたい場合は、日本もしくはニューヨーク現地で携帯電話をレンタルするか、ニューヨーク現地でプリペイドの携帯電話を購入することが出来ます。プリペイドの携帯電話は、電気店、モールやスーパーなどで携帯電話本体と必要な金額のプリペイドカードを簡単に購入できます。自分が必要な分だけ金額を補充することができ、購入する際に高額な前金(ニューヨークではこれをデポジットと呼びます)を支払う必要もないので、短期で留学される方にお勧めです。電話とメールが主な機能となっています。 短期留学される方でも電話会社で端末の契約をすることは可能です。しかし、高額な前金を支払い、尚且つ2年契約しなければならない場合が多いため、日本の海外対応している端末かプリペイド携帯を使用されるのが適当かと思います。 長期で留学される方で電話とメールの機能さえあれば十分という場合はプリペイド携帯で不便はないと思います。しかし、長期の場合は現地で携帯電話を契約されるほうがお得になるので、現地で契約することをおすすめします。

アイリスでは携帯電話のご紹介サービスを行っております。

 

9、渡米前に国際免許に書き換えておいたほうが良いですか?

現地で車を購入・運転したり、レンタカーを利用する際に必要です。ただし、国際免許証はアメリカでは身分証として使えることはほとんどありませんのでご注意ください。国際免許証への書き換えは日本国内の警察署や運転免許センターで行うことができます。警察署では発行まで二週間程度、運転免許センターでは即日発行が可能です。 しかし、日本の免許証の有効期限が1年未満の場合、書き換えは不可になります。国際運転免許証の有効期間は発給日当日から1年間です。更新制度がないため、現地に1年間以上滞在し車を運転される予定がある場合は、国際免許の有効期限が切れる前に、現地の運転免許センター(DMV)でニューヨーク州運転免許に書き換えるか、新規で取得されることをおすすめします。

 

10、トラブルに遭ったときはどう対処すれば良いですか?

現地で盗難に遭った場合、すぐに警察に届けて盗難証明書(通称ポリスレポートと呼びます)をもらいましょう。その後、加入されている日本の保険会社にも盗難にあったことを至急届け出てください。もしパスポートを無くしたり、盗難された場合は、警察に届け出た後、日本大使館もしくは日本領事館に行き、パスポートの再発行手続きを行ってください。その際、パスポート番号、発行年月日が分かっていると、手続きがスムーズに行えるので、事前にパスポートのコピーを控え、スーツケースなど他の場所に保管しておくことをおすすめします。クレジットカード、携帯電話等は使用されるケースがありますので、至急契約されている会社へ連絡をお願い致します。 アイリスでも現地留学サポートパックを申し込んでおられるお客様から、稀に相談を受けることがあります。

アイリスでは現地生活サポートパックの緊急時の連絡対応にてお手伝いさせていただいております。

 

11、日本からの送金はどうやって出来ますか?

高額な金額を日本から送金したい場合は、現地で開設した口座に直接送金するのが良いでしょう。送金は銀行や郵便局から送るのが一般的ですが、手数料や送金するのにかかる日数などはそれぞれの銀行によって異なるので、事前にご確認ください。送金が必要な場合は、送金する側に現地で開設した銀行口座の情報を伝えましょう。必要な情報は、銀行支店名・銀行コード・ 銀行番号・口座番号となります。分からない場合は、直接現地の銀行で聞きましょう。 短期留学、且つ高額な送金が必要でない場合はクレジットカードや国際キャッシュカード(大手銀行では発行できなくなってきております)を利用することをおすすめします。

 

12、海外保険には入っておいたほうが良いですか?

はい、海外保険は加入して頂くことをお勧めいたします。所持品が破損されたり盗難された場合、海外保険の盗難補償のプランに入っていると補償されます。(注意:保険のパック契約の場合、盗難補償が入っている場合と入っていない場合がありますので、事前にご確認をお願い致します)病気になって病院にかかる場合、海外保険はアメリカの病院で利用できない場合があります。しかし、保険会社が提携している病院であれば、治療費が保険会社から直接病院へ支払われ、治療費が全て補償されたり、自己負担が少なく済みます。また、学校によっては海外保険に入っていないと入学許可が下りない場合がございます。安心して留学生活を送るために海外保険には加入して頂く事をお勧めいたします。

アイリスおすすめの海外保険
“/new-york-ryugaku-hoken/”

 

13、パソコンは日本から持って行ったほうが良いですか?インターネットは簡単に繋がりますか?

日本にいる家族や友達と連絡を取るにはもちろん、語学学校での課題に使う場合もありますし、調べごとをするのにもパソコンを持っていたほうが非常に便利です。長期で留学される方は特に持参されることをお勧めします。語学学校やインターネットカフェ、図書館などのパソコンも利用できますが、日本語表示・入力が出来ない場合もあるのでご注意ください。ほとんどの語学学校ではインターネット環境が充実しています。もし滞在先でインターネットを使用できない場合は、学校やスターバックス、図書館などで無料WIFIインターネットを利用するのも一つの方法です。また、滞在先のネット環境はそれぞれ異なります。例えばホームステイ滞在の場合、ホームステイ先にネット環境があるかどうかはホストファミリー次第となります。滞在先にあらかじめ確認しておきましょう。

 

他にもご質問がある方はこちらから

回答例にない質問はこちらからお問い合わせください。アイリススタッフが丁寧にお答えいたします!

NY留学に関するご質問に何でもお答えいたします。

メールアドレス *

ご相談内容 *

ニューヨークへの短期・長期留学をサポート

ニューヨークへの短期・長期留学をサポートするアイリスでは、初めての留学で不安に思われている方のご質問にお答えしております。お金や滞在先のことなど、短期・長期などの期間やプランによって異なる方法を丁寧にサポートいたします。ニューヨークへの短期・長期留学をお考えなら、お気軽にお問合せください。